僕だけがいない街

売れない漫画家・藤沼悟は、
「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。
その能力は直後に起こる「悪いこと」の原因が取り除かれるまで、
その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。2006年で母親を殺害した犯人と
1988年の連続誘拐殺人事件が同一人物であると確信した悟は、
2つの時代を往復しながら真犯人に立ち向かっていく。
「再上映」という現象に巻き込まれて何を“得て"何を“失った"のか。
自分の人生をやり直した彼が、
辿り着いた時間に待っていたものとは一体…?
時空間サスペンス、感動の完結巻! !


僕だけがいない街 (8) [最終巻]僕だけがいない街 (8) [最終巻]
三部 けい

2016-04-26


Amazonで詳しく見る
 
[原作コミック既刊]
僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (7)
三部 けい

Amazonで詳しく見る












[Kindle版]
僕だけがいない街(1)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)僕だけがいない街(1)
三部 けい

Amazonで詳しく見る