「劇場版モノノ怪 唐傘」




: ポンポコ名無しさん
「劇場版モノノ怪 唐傘」が7月26日に公開決定
特報映像第2弾、追加キャストが発表された






アサ:黒沢ともよ
カメ:悠木碧
歌山:小山茉美


















『劇場版モノノ怪 唐傘』の公開日が7月26日(金)に決定!

❁序説
“ナニモノ“か、より生じた抑えられぬ”情念“が“アヤカシ”と交わると「モノノ怪」となる。モノノ怪がひき起こす”怪異“が人々に襲いかかる時、謎の男”薬売り“が忽然と姿を現す。
この世で唯一、モノノ怪を斬り祓うことができる“退魔の剣”を携え、荒れ狂うモノノ怪の前に一人立ちはだかる。
『モノノ怪』は、2006年にフジテレビの「ノイタミナ」枠にて異例の高視聴率を記録した『怪~ayakashi~』の一編「化猫」から派生し、2007年にテレビアニメシリーズとして放送されて以来、根強く愛され続けている作品である。
その『モノノ怪』が2024年、大奥を舞台に劇場版として“新生”する。豪華絢爛な世界を絵巻物のように描き、細部まで緻密に、時に大胆に表現した美術や、CGと和紙テクスチャを組み合わせた斬新な手法、膨大なカット数と独自の色遣いにより生み出される唯一無二の映像美など、薬売りのミステリアスな魅力と相まって、 “密度”の濃い世界観に圧倒される。
さらに、個を殺し集団に染まることを強いられる生き辛さ、という現代にも通じる普遍的なテーマ、人間の内面に渦巻く業と願いを描く物語が深い共感を呼ぶ。
誰の心にもモノノ怪の種が根づきかねない混沌としたこの時代に、切なくも強く魂を揺さぶる“救済”の物語が立ち上がる。
シリーズの生みの親である中村健治監督の元に集結した、豪華キャスト・スタッフによる完全新作の劇場映画が、新たなる伝説を刻む。

❁物語
大奥とは、男子禁制の“女の園”であり、重要な官僚機構でもある特別な場所。この地に、新人女中のアサ(黒沢ともよ)とカメ(悠木碧)が足を踏み入れる。キャリアアップを図る才色兼備のアサ、憧れの大奥に居場所を求めるカメ。正反対の二人は初日から、集団に染まるための“儀式”に参加させられる。
御年寄の歌山(小山茉美)は、大奥の繁栄と永続を第一に考え女中たちをまとめあげるが、無表情な顔の裏に何かを隠している。そんな中、少しずつ、彼女たちを覆っていく“何か”。
ついに決定的な悲劇が起こり、薬売り(神谷浩史)はモノノ怪を追って大奥の中心まで進むが、モノノ怪を斬り祓うことができる退魔の剣は「形」「真」「理」の三様が揃わなければ、封印を解き抜くことが叶わない。薬売りが大奥に隠された恐ろしくも切ない真実に触れるとき、退魔と救済の儀が始まる――。

❁キャスト
薬売り:神谷浩史
アサ:黒沢ともよ カメ:悠木碧 歌山:小山茉美

❁スタッフ
監督:中村健治
キャラクターデザイン:永田狐子
アニメーションキャラデザイン・総作画監督:高橋裕一
美術設定:上遠野洋一
美術監督:倉本 章 斎藤陽子
色彩設計:辻󠄀田邦夫
ビジュアルディレクター:泉津井陽一 
3D監督:白井賢一
編集:西山 茂
音響監督:長崎行男
音楽:岩崎 琢 
プロデューサー:佐藤公章 須藤雄樹
企画プロデュース:山本幸治
配給:ツインエンジン ギグリーボックス 
制作:ツインエンジンEOTA

関連リンク
十五周年記念サイト:https://www.mononoke-15th.com/


: ポンポコ名無しさん
キャラデザ違うのもあるのか不思議に感じるほど神谷さんで全然違和感なかったな
声優変更で見てる間何も頭をよぎることなく見られるようになってよかった

ポンポコ名無しさん
そもそもTVアニメの続編や映画でスタッフが違うなんて珍しくもないし
今回は問題あるスタッフと声優を変えて前評判上がってるぐらい
忖度せず本気で良い物を作ろうとしてるんだなってね
作品のファンとして残った面々や新規キャストこそ誇らしい
期待しかない

ポンポコ名無しさん
オリジナルアニメで重要な監督は変わらず作品コンセプトも変わらず
核心部分に揺らぎないからファンは支持してる
公開日が待ち遠しいね

: ポンポコ名無しさん
個人的にはキャラデザと声変わったのに薬売りだと分かるし雰囲気も変わらない辺り
ちゃんと作ってるんだと感じられて良かったけどな

: ポンポコ名無しさん
新デザのかわいくてチャラそうな薬売りだと後任者の声質の方が似合ってそう

: ポンポコ名無しさん
今さら映画やる情報知ってPV見てきたんだけどめちゃくちゃ面白そうで滾った


引用元https://www.2ch.sc/
―――――――――――――――――――――

ponpokonwes

一気に凄い情報量ですね。
公開日も遂に発表されて
新キャラとキャスト情報も公開。
作品がグッと動き出した感触。

夏なので私の場合は例年通り
身体の彼是があるから
是非もなく動きに制限が掛かるけれど
どうにか劇場へ足を運びたいものだわ