「ルリドラゴン」10話感想






「ルリドラゴン」第10話『使い道』感想







ポンポコ名無しさん
可愛いじゃん

ポンポコ名無しさん
あーかわいい
ニヤニヤ出来る

: ポンポコ名無しさん
今の本誌最後にルリちゃんって最高の癒し枠が
控えてるから読後感いいよね
あの笑顔に救われて月曜日迎える人結構いるだろ

ポンポコ名無しさん
今週号は巻末に明追悼コメあるしビニル袋に入れてパウチして永久保存版にした

: ポンポコ名無しさん
ルリドラ紙最後か…

: ポンポコ名無しさん
ジャンプラ移行したら日曜24時になった瞬間に最新話読めるのか
それはそれで嬉しいな

ポンポコ名無しさん
やっと読めた、最新話も面白かったし圧倒的に漫画を読ませる力が高いんだなあって
新登場4人中2人はまだ名前もわからんのに存在が自然に感じられるの凄い
ルリ視点の「知らん人達とのやり取り」に成長を感じる
これジャンプラやデジタル版に移行して紙じゃなくなっても安泰だな

: ポンポコ名無しさん
ルリママ「ルリ! 10万ボルトだ!」

ポンポコ名無しさん
ルリさん、今度一緒にモンハンしようよ

ポンポコ名無しさん
嬉しそうに遊ぶ約束すると9割ぐらい叶わないフラグ立つよね・・・

: ポンポコ名無しさん
ストライク決めた後のルリちゃんみてコロンビアポーズを思い出してしまった

ポンポコ名無しさん
親と出掛けてる時に一方的に自分の事を知ってる話した事もないクラスメイトが声掛けてくるって
陰キャあるあるの気まずいやつ

: ポンポコ名無しさん
今回触れたけど力の使い道によって作品の進む方向が今後全く変わってくるな
バトル以外に活かせる展開が全く浮かばない

: ポンポコ名無しさん
ルリドラゴン誰とバトルするんだよ

: ポンポコ名無しさん
そりゃあ化け物とのハーフでしょって話なんだけど

バトルするしない関係なく
ルリドラゴンの異物感やマイノリティ感は減るよね他の化け物ハーフ出てくると

眞藤くんがそれをやるかはともかく
海外行って結局母国クラスタとの付き合いが多くなるみたいな 化け物と化け物でつるむみたいのもいいかも

: ポンポコ名無しさん
展開が遅いじゃなくて
そういうゆったりした流れの漫画だろ
激しい出来事もないよ

ポンポコ名無しさん
てか読む度に馴染む感覚が強い作品だからもうコミックス2巻が欲しい
2巻発売の頃には1巻がどんだけ重版されてたのかも公式情報が出そうだし
人気と実績が証明されて虚無バカの毎週難癖が無駄だったの明瞭になりそう
まあ根幹設定と丁寧な描写が人気の秘訣なのに盛り上がりない認定する無能は現実受け止めず逃避しそうだが

: ポンポコ名無しさん
ドラゴンじゃないけど
主人公かヒロインが怪獣になるやつは
最初から不穏な場面とか
街を破壊するシーンはあるしな

こっちは平和な日常系でいいよ

: ポンポコ名無しさん
毎日ルリが遊んでるだけでいいよもう

ポンポコ名無しさん
ルリちゃんそのキーボードは何なん
小説でも書くの?

ポンポコ名無しさん
ゲーミングならともかくエディタ用途でUS配列60%のキーボードをチョイスするJKはなかなかロックやな

ポンポコ名無しさん
US配列おじさんが召喚されてドヤ顔してしまう
親指シフトおじさんは全滅した

ポンポコ名無しさん
ツノが頭蓋骨から直に生えてるなら当たったらかなり危ないぞ
コケたら骨の根元がボゴオッとえぐれてヤヴァい

ポンポコ名無しさん
>>
鹿みたいに抜け変わるんかもしれん

ポンポコ名無しさん
ツノは骨じゃなくて爪的なやつなんじゃないかな
動物でサイとかがそうやろ

ポンポコ名無しさん
ハンデとしてすら扱われてないように思うけど
角生えた→注目された
火吐いた→学校休んだ
電気出た→運動した
どれも波乱もなくスムーズにみんな受け入れてるしな

ポンポコ名無しさん
前田ちゃんって解決してたっけ?

ポンポコ名無しさん
前田はラスボス

: ポンポコ名無しさん
俺はルリドラゴンの連載が読める今のありがたみを噛み締め味わい尽くし満足しているよ

: ポンポコ名無しさん
来週終わってからの二週間のロスでもつらたん


引用元https://www.2ch.sc/
―――――――――――――――――――――

ponpokonwes

前回の引きから今回。
どうなるかと少し身構えたけれど
凄く“らしい”軟着陸に至った感触ですね。

改めて、夜ちゃんと日向さんで
名前が対になる構図なのエモいとか
そういうニヤリと出来る部分もありますが
物語としては上述した通り
作品性を映す回だった印象なのです。

彼女達に悪意がなくてもルリちゃんからすれば
よく解らない人達の群れに接触した訳で
戸惑いがあるのは当然のこと。
でも、其処で終わらない。
ユカちゃんも神代さんもいないこの場で
海さんは遠くから観ているあの場で
「1人と4人」で面白く遊べたのは大きいわ。
無理に急いで『5人』にならなくても
「なんとなく」で楽しい時間を過ごしても良い。
次はもっと仲良く成れるかも知れないし
相手を知って距離が生まれるかも知れない。
それでも変化していく事を恐れない。
遺伝能力習得も含めて
ルリちゃんの日常を、その生きる姿をして
「肯定」が示されたのかもです。

して、紙媒体ではそろそろ区切り。
このサイトでの記事作成がどうなるかは
私の身体と時間次第なので予定は未定。
でも、可能であれば作成したいなぁって。
兎にも角にも次回もとっても楽しみなのです

【Kindle版】