「さよならララ」




: ポンポコ名無しさん

キネマシトラス
2本の完全オリジナルアニメーション制作発表


アニメ『わたしの幸せな結婚』や
『メイドインアビス』などを手がける
アニメーション企画・制作会社キネマシトラスは、
米シカゴで現地時間19日に開催されたイベント
「ACEN(アニメセントラル)」にて
2本の完全オリジナルアニメーション、
『さよならララ』『Ninja Skooler』の制作を発表した。

キネマシトラスは
「100年残る、時代が変わっても変わらない価値観が入っているフィルムを産み出す」
を理念に、2008年に設立。
これまでに『わたしの幸せな結婚』
『メイドインアビス』をはじめ、
『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』
『盾の勇者の成り上がり』
『カードファイト!!ヴァンガードoverDress』
『SHOW BY ROCK!! STARS!!』
『ゆゆ式』
『ばらかもん』
『東京マグニチュード8.0』など、
数多くのアニメを手がけてきた。
設立から16年を迎え、
2本の完全オリジナルアニメーションの制作という
新たな一歩を踏み出す。

『さよならララ』は、
「人魚姫」が現代の日本で蘇るオリジナルストーリー
(原作:キネマシトラス)。
同社所属のアニメーター・演出家の小出卓史が初監督を務める。
小出監督は
「『さよならララ』は手作りのアニメです。キネマシトラスが新たに送る、オリジナルアニメです。野蛮なのか。繊細なのか。懐かしいのか、新鮮なのか。分からないまま手を動かします。素敵なスタッフたちと一緒に、心を込めて作ります!」
と意気込んでいる。

キャラクターデザインは、
『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』でプロップデザイン、
『メイドインアビス 烈日の黄金郷』で作画監督、
『スター・ウォーズ:ビジョンズ 村の花嫁』でキャラクターデザインを担当した経歴を持つ
谷紫織。
「さよならララ」

もう1本の『Ninja Skooler』は、
「もしも」の江戸で生きる忍者たちを描く物語
(企画・原作:キネマシトラス/breccia)。
『メイドインアビス 烈日の黄金郷』で演出、
映像制作ユニット「賢者」としてモブサイコ2~3期アイキャッチ制作、
「non-reflection」(Aiobahn feat.牧野由依)のミュージックビデオの監督・編集など、
アニメーター・映像作家として活動する宝井俊介の
監督デビュー作となる。

宝井監督は
「初監督かつオリジナル作品ということで、大変恐縮しています…!僕たちと同じ様でありながら、少し違った“当たり前”が有る世界を、主人公の子どもたちと一緒に描けるように頑張ります」
とコメントを寄せている。

キャラクターデザインは、2011年に漫画家デビューし、
『響け!ユーフォニアム』シリーズ(原作:武田綾乃)の
コミカライズなどを手がける、はみ[Hami]が担当する。
「Ninja Skooler」

制作発表に際して2作品のティザービジュアルが解禁となったほか、
『さよならララ』のパイロットフィルムと
『Ninja Skooler』のプロモーションビデオも公開された。

ポンポコ名無しさん
まひる兄見ないと

















ポンポコ名無しさん
>>
絶対見ます

ポンポコ名無しさん
>>
パイロットフィルムめっちゃ作画いいな

ポンポコ名無しさん
>>
観れるのはいつになるの?今年中には観れるの?

: ポンポコ名無しさん
キネマシトラスは当たり










: ポンポコ名無しさん
毎回制作会社としてのアイコンを作品に沿ったものにしてるよね
メイドインアビスだとレグの腕とか

ポンポコ名無しさん
ええやん

: ポンポコ名無しさん
さよならララはいつなの?

: ポンポコ名無しさん
小出兄の初監督作品か
ていうか琵琶湖が舞台になってるの笑う


https://www.2ch.sc/
―――――――――――――――――――――

ponpokonwes

情報も映像も確認済みだったのに
記事作成まで3日も要したわ……。
書くものは誤字脱字が酷いし
むぅ、何もかもガタが来ている……。

閑話休題。
オリジナルアニメ大好きっ娘ゆえ
早速期待なのです。
「Ninja Skooler」は架空歴史もの?かしら。
忍者以上に少年要素の方が強いのかも。
丸っこい印象でキュートな感じ。

「さよならララ」は人魚もの。
というか、おとぎ話モチーフ?
現代の滋賀の琵琶湖に転生とのこと。
映像の雰囲気も含めかなり好みかも。
設定からクセが強いのも私的に良し。

どちらも放送時期などは不明。
そもそも媒体がTVアニメかも不明。
続報を待ちませう